グランビルアイランドツアー3

一人で静かに時間を過ごせる場所、というリクエストも多く、そのための工夫もたくさんなされています。これは水際に作られた小山ですが、自転車で来て読書をしている人がいました。ベンチは随所に設けられています。一人でギターを弾いている人もいます。しかし、小山のてっぺんのカナダの旗。。。これが日本だったら日の丸がパタパタとたなびいているのですね。なお、水の上では音が遠くまで響くので、この特性を利用して水上音楽会をしたいというアイディアがあるそうです。
Many people requested a place where one can spend some quite time in solitude. In response to that, there are many arrangements to make it possible. This is a little hill by the water. There was a man who came with a bicycle and was reading. There are many benches on Granville Island. It is a little strange to see the flag on top of the hill for me, probably because I can't help but imagine this same situation in Japan where the national flag of Japan is on top of a little hill. That's so patriotic it spooks me. Not that I dislike my country or don't respect it, but I think that people in newer nations have different kind of attachment to their national flags.
c0110677_2134443.jpg


現在改装工事中ですが、これはカナダで初めての屋外レストランです。3階建ての建物にコの字型に囲まれた中庭みたいなところです。ここのすぐ左側の建物の一階部分は、普通の屋内レストランになっています。でも、その上の部分とか、他の建物とかは何だか用途がよく分からない様相をしていました。グランビル・アイランドにはホテルや居住地はないはずですが、簡単なアパートみたいに見えます。「これは何ですか?」とスタンレーさんに聞いてみたら、「さあ。。。」という正直な答えが返ってきました。しまった、ご存知ないことを聞いてしまった、と思いました。スタンレーさんは参加者からの質問にも答えながら解説をなさいました。幾つもの質問に詳しく答えられる専門家ですが、それでも知らないことがあったのかと思うと面白かったです。参加者の中には都市計画についてかなり詳しい方も何人かいらっしゃいました。活発な質疑応答が彼らも含めて行われていました。
It's under construction right now, but this place is the first open-air restaurant in Canada. It looks like a courtyard surrounded by 3 story buildings in on 3 directions. Part of the building is a regular restaurant. But the rest of the buildings look like motel or some simple apartments. I didn't think that there were people living on the Island or there was a hotel, so I asked Stanley what they were. He gave me a honest answer of 'I don't know.' He was answering many questions from the participants throughout the tour. It was interesting to know that even Stanley didn't know everything! Some of the participants were cognizant of city planning. Lively discussions of questions and answers were exchanged between them, Stanley and other participants.
c0110677_2191896.jpg


c0110677_229165.jpg


これは遊覧船。一回乗りたいと思いつつ、一度も乗ったことがありません。これは個人の企業家が始めたビジネスだそうです。グランビル・アイランドそのものはもともと市の土地だったので、開発は税金でまかなわれました。現在では観光の中心地として利益もあるので、維持は多少の補助金の他は主にアイランドで操業する私企業によってカバーされているそうです。
Small boats for sightseeing. I have been wanting to have a ride on one of them, but it hasn't happened yet. This was started by the private entrepreneur. The Island itself was a city owned land, so the development was done using tax money. But now the Island is operating mostly on its own with only small public funding.
c0110677_231386.jpg


ここは水上住宅が密集している船着場(?)です。両腕を広げれば両隣の家に当たるほどギチギチです。こんなところに住むってどんな感じでしょう。家の中の花瓶なんか、全部固定されているのでしょうか。
Many boathouses are clustered together so tight. I wonder how it feels to live in one of these houses. I wonder if everything in the house such as verse are fixed on.
c0110677_2364312.jpg


水上住宅地の入り口。
The gate to the boathouse village.
c0110677_2392336.jpg


グランビル・アイランドには工業地帯だった歴史を語るために随所にその名残が残されています。これはクレーンです。右下にちょこっと写っている丸くて赤いのは、鉄の塊です。建物とかを打ち壊すのに使っていたのだそうです。あいにく、というか、当然、と言うか、クレーンに登るためのはしごは取り外されています。ちょっと残念です。
There are many industrial bits left in the Island as memoir. This is a big crane. The red round thing you can see on the down right corner is a huge metal ball used to demolish buildings. Unfortunately, or, of course, the ladder to climb up the crane has been removed. Too bad!
c0110677_240325.jpg


エミリー・カーという名前の美術大学です。エミリー・カーはカナダの有名な画家ですが、どうも私はよく知らないというか、良さが分からないというか。。。カナダ人は自然の絵が好きです。かつてエミリー・カーを含む7人の有名な画家のグループがいて、「7人組」(グループ・オブ・セブン)として知られていましたが、カナダの自然を描いた彼らの作品は根強い人気があります。なお、この大学は人気があって学生も増えたので、どこかもっと広いところに移転するそうです。でも、グランビル・アイランドからアート系の若者たちの姿が消えてしまうことを惜しむ声があるそうです。
An Art University called 'Emily Carr School of Art'. Emily Carr is a famous Canadian artist, but I don't really know her works. There are other famous Canadian artists called 'Group of Seven', but again I don't know them very well. Canadian people like their nature paintings very much. This school is very popular, and the number of students increased a lot. The place became too small to accommodate them all, so they decided to move some place else in the near future. Many people will miss the presence of young artistic people on the Island, though.
c0110677_2432692.jpg


これは現在でも操業を続けているコンクリート工場。グランビル・アイランドを全面的に作り変えたときに、ついでに移転させなかったのは面白いなと思います。でも、これがこうして現役で残っていることはグランビル・アイランドに明らかな多様性を与えているし、個人的にはいいなと思います。
This is a concrete factory which is still operating. I think that it is quite interesting that they didn't force the factory to relocate when they rebuilt the Island into the public gathering place. I personally think that their presence adds great variety to the Island. I like the dynamics it creates.
c0110677_2484674.jpg


工場の前にある機械仕掛けの、、、何だか知らないけど鉄のボールがあちこち移動しながら、からくりを動かしたり、音を立てたりしながら落ちていくというもの。催眠術にかかったように長時間見つめている人もいます。
Some kind of art in front of the concrete factory. Some people spend a very long time in front of it looking mesmerized.
c0110677_2523011.jpg


c0110677_2552546.jpg


工場の脇には二酸化炭素の入ったボンベがありました。ちょいと柵を乗り越えればすぐに届くところです。こんなとこに置いといていいのかな、と思うけど、別にいいのでしょうね、カナダはいい加減ですから。
These tanks are place within the very easy reach of public, even children. I'm rather surprised to see them there. How easy-going Canadians are!
c0110677_256750.jpg


トーテムポールを作る作業場。
Totem pole workshop.
c0110677_2581144.jpg


ラテン系の音楽を演奏してCDを売る人。どういうわけか、どこに行ってもこういうラテン系の音楽家がいるのです。耳障りと言っては申し訳ありませんが、ああ、またいるな、と思ってしまいます。アンデスの山奥で遠くから聞こえてくるなら哀愁もあっていいと思いますが、マイクを通した音量を都会の真ん中で聞くのは多少辛いものです。
For some mysterious reason, these Andes musicians are everywhere in Vancouver. I like their music, but I would appreciate it more if I listen to it on top of Andes Mountains, not in the city through microphones. They can be quite annoying.
c0110677_259161.jpg
[PR]
by ammolitering7 | 2013-01-22 15:33 | フォールスクリーク


<< グランビルアイランドツアー4 グランビルアイランドツアー2 >>