2011年7月ワークショップ2

ではさっそく、というか、ようやくというか、ワークショップの様子を見てみることにしましょう。キングさんのチームにはたくさんのアーティストがいるのですが、私はお友達のスーザンさんのところを覗きました。お客様は「サステイナビリティー・テレビジョン(持続可能なテレビ)」という会社で働くポールさんです。たまたま通りかかったら面白そうなので、ついはまりこんでしまった、ということであるようでした。今回のイベントの欠点は宣伝が徹底していなかったということであるようで、知ってて来た、という人はあんまりいなかったようです。幸いお祭りのすぐ近くだったので、通りがかりの人たちが何人も飛び入り参加していました。
Now, the workshop. There were many artists on the site. I joined the one with my friend Susan. The participant was Paul, who works for Sustainability Television. I think that he was just passing by, and dropped in. I heard that they did not do much advertisement for the event. So there were not that many people who heard about it and came. Fortunately, there was a big festival happening right next to the workshop site. Lots of people walked by and joined.
b0200190_12453927.jpg



ポールさんがオランダの優れた自転車文化について語るのを、スーザンさんがみるみるうちに絵にしていきます。
Paul talked about advanced bicycle culture in Netherlands, and Susan drew the ideas on paper.
b0200190_12501465.jpg



スーザンさんはいろいろと質問をします。
Susan asks many questions.
b0200190_12514774.jpg



ポールさんがそれに答え、さらにコメントを付け加えます。スーザンはそれを聞いてさらに問い、描き、ポールが答え、、、
Paul answers them, and adds comments. Susan listens and asks more questions, the Paul answers...
b0200190_1253327.jpg



ポールさん、嬉しそうですね。誰かが自分の声をこれほど熱心に具体的に聴いてくれることって、あんまりないと思うのです。この「耳を傾ける」という行為は、「聞いてる振り」ではあり得ません。自分の目の前で誰かが自分の言葉を詳細に形にしてくれるのです。これは人間の心が深いところで求めていることなんじゃないかなと私は思います。私がキングさんを尊敬しているのは、彼が生涯をかけて開発して次世代に伝えているこの手法が彼の誠実な魂を反映しているように思うからです。
Paul looks very happy. It is rare in our daily life that someone listens to you so attentively. This listening is not fake. The artist is really listening, trying to see your thought as clearly as possible, and she materialize it before your eyes onto a piece of paper, to be seen by the artist, participant, and everyone else. It is the experience that our mind wants so strongly, I think. I have deep respect for Stanley King who developed this method of co-design, because this technique, that he pours his life into and is passing on to the next generation, seems to reflect his sincere soul.
b0200190_12551478.jpg



絵を通した取材を受けているポールさんの周りに通行人が集まってきます。
Crowd gathers around Paul who is being interviewed through drawing.
b0200190_1302766.jpg



できあがり!ポールさんの心の目に見えていた世界が、彼とスーザンさんと私と他のたくさんの人たちの前に姿を現しました。
Done! The image in the mind of Paul visually appeared in front of us all.
b0200190_131264.jpg



ここでちょっとメンバー交代。大御所のキングさんがやってきて、イラストの要点を箇条書きにしたり、追加のイラストを加えたりしました。
Stanley then joined and took over the next step. Usually the whole process is done by the same artist. He listed the key thoughts, and added a few additional drawings.
b0200190_13192972.jpg



できあがったイラストには参加者によるたくさんのアイディアが盛り込まれています。これを箇条書きにして、通行人などの他の人たちが自分の好みで採点する、という流れになっています。
The list of ideas are then rated by the participants and general citizens.
b0200190_13244812.jpg



採点する通行人たち。
People rating the ideas.
b0200190_1328732.jpg



公開の場で市民の声を集めるという試みに対して、人々からの反応はおおむね好意的であるようで、大勢の人たちが立ち止まって飛び入り参加し、見知らぬ人たち同士が笑顔で熱心に語り合っていました。
Lots of people seemed to welcome this opportunity, and participated eagerly. Many discussions were spontaniously happening among strangers.
b0200190_13294737.jpg

[PR]
by ammolitering7 | 2013-01-23 04:17 | ワークショップ


<< 2011年9月フォールスクリーク 2011年7月ワークショップ >>