2010年10月湿地帯での環境教育1

こちらはスタンレー・キング氏の後継者の1人である理科の先生、スーザン・エン先生が主催した教育者のためのワークショップです。Co-Designの手法はサスイテナビリティーの教育にも応用されています。この湿地帯(キャモサン・ボグ)のサイトはこちらです。英語のみ。Camosun Bog website
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
学校の先生でもないのに、なぜか今日は小中学校の教師を対象とした環境教育のワークショップに紛れ込んできました。場所は地元の大学の近くにある小さな湿地帯です。その昔、1万2千年くらい前には氷河だったところが沼地みたいになって残っている場所で、こういう条件でしか育たない植物がたくさんあるし、動物たちにとっても大切な場所なので、環境教育には理想的なのでしょう。英語の下にある不思議なアルファベットはネイティブの人たちの言語を表しています。
I'm not a school teacher, but somehow I joined the special workshop meant for school teachers held at a bog in Vancouver. It is a small bog called Camosun Bog located near UBC. The workshop is meant to train teachers for environmental education. The area used to be a glacier some 12,000 years ago. Now there is only a small pond left. There are many species of plants which survive only in this specific condition. The bog is also important for the animals, too. Because of its delicate nature, it is an ideal place to teach children the importance of conservation. The unfamiliar alphabet under the English is the ones used for the native language.
b0200190_9262070.jpg



b0200190_9271060.jpg



b0200190_9273989.jpg

今回のワークショップは、メトロ・バンクーバーと呼ばれるバンクーバーおよび周辺市町村の森林課のようなところと、この湿地帯の回復運動グループ、そしてグループのメンバーである学校教師スーザン・エンさんが開催したものです。第一回目なので、つまり参加者はモルモット。予定の時間を大幅に超えてしまいましたが、充実した内容のワークショップでした。これは森林課のレンジャー(自然保護官、でしょうか)のお姉さんの制服についていたワッペンです。
The workshop was led by the collaboration of 3 groups; the bog restoration group, schools, and Metro Vancouver park board. It was the first of this type of workshops. It took longer than they had planned, but it was a very enjoyable experience.
b0200190_10465865.jpg



参加者は主催者たちを含め全部で22人、うち男性5人。小学校の先生8人、環境教育を学んでいる中学生一人、残りは中学校の先生および引退した先生、部外者一人(私です)、犬一匹という構成でした。朝の9時半に現地集合だったので、家からバスで行きました。メトロバンクーバーには幾つか湿地帯がありますが、バスで簡単に行けるのはここだけだそうです。
There were 22 people at the site, including the facilitators. 5 of them were males. About 8 of them were elementary teachers, and the rest were mostly secondary school teachers, with some retired teachers. And there was a dog, and there was me. I took bus to get there. It is the only bog that is easily accessible by bus in Vancouver.
b0200190_1049238.jpg



天気は不安定で、とても寒かったです。順番に並べると、小雨、曇り、晴れ、小雨、曇り、、、。雨天決行のイベントだったのですが、「雨だから」という理由で当日になってキャンセルした人が何人もいたというところがいかにもカナダです。家を出るときも寒かったのでちゃんと着込んで行ったつもりだったのですが、湿地帯は水気の多いところなので、もっと寒かったです。最後のほうには左手の親指と人差し指がしびれてきて、これはまずい、と思いました。
The weather was very unstable. Light rain, cloudy, faint sunshine, right rain, cloudy... The event was advertised as 'rain or shine' event, but several people called in to cancel in the morning because it was rainy. Rather strange, indeed. It was cold, too. I thought I was dressed warm enough, but I wasn't. I was freezing in the wetland.
b0200190_9242546.jpg



この湿地帯は、氷河が溶けてからは湖になりました。だんだんそれが小さくなって、今では小さな池が残っているだけです。湿地帯というのはほっといても自然に小さくなるのだそうですが、人間が入ってきてからは、というか、近代になって西洋人が入ってきてからは、その速度が急に速くなりました。人々はじめじめして蚊の多い湿地帯に住むのを嫌がり、湿地から水を抜き取り始めました。これは日本語で何と言うのでしたっけ。。。
After the glacier melted, there was a lake, and it eventually became a pond. Now the remaining pond is very small. The bog becomes smaller and drier naturally, but modern development by humans accelerated the process. People hated to live in a wet place with tons of mosquito, so they drained the water out of the land.
b0200190_1045080.jpg



彼らは水を抜いた湿地に木を植え、道を作り、たくさんの家を建てました。近くに大学ができてからは、湿地はゴミ捨て場にされました。バンクーバー市による水の抜き取り作業が始まったのは1929年だそうです。かなり徹底的に破壊された湿地帯でしたが、1990年からはボランティアによる回復作業が始まりました。1996年には最後に残った池を取り囲む木道も作られ、現在でも週に一回の作業が続いています。
They planted trees, and built roads and houses. After UBC was built, the bog became their garbage dump. The city of Vancouver started the draining in 1929. All these activities destroyed the bog quite badly. Then in 1990 a group of volunteers started to restore the bog. In 1996, a wooden walkway that surrounds the bog was built. Now they gather once a week on Saturday mornings and continue the restoration work.
b0200190_1127354.jpg



これはゴミ箱。周りに溶け込むデザインです。
This is a garage bin. It blends in so well.
b0200190_10525257.jpg



作業の内容は、乾燥に伴って入ってきた植物を取り除き、酸性の強い湿地の上に積もった土壌をおよそ25センチも取り除き、さらに湿地にもともと生えていた種類の植物を植えるというもの。地味な作業です。湿地帯を訪れる人にいろんなことを教えたりもします。
Volunteers remove the plants that came into the area after it started to dry out. They also remove about 25cm or so of top soil to expose the acidic bog soil. They plant carefully selected bog plants, too. They are very good guides for the people who visit the bog.
b0200190_11342830.jpg



このボランティアグループは通称「クレージー・ボガーズ」。湿地は英語でボグというのです。なお、じつはこれは言葉遊びで、「バガー」という言葉をもじったものです。バガーというのは軽い意味で「困った奴」というふうに使われたりしますが、もともとはかなりよろしくない意味の言葉です、と、割とどうでもよい英語の勉強でした。この名札は湿地から取り除いた木で作られています。
These people are called, or call themselves, 'Crazy Boggers'. This is a play on words, and the original word in Britain apparently means something very inappropriate. The name tag is made from the tree they removed.
b0200190_10454198.jpg



これは森林課のレンジャー(自然保護官)の人が参加者の一人をシェフに見立てて湿地の作りかたを説明しているところです。ボウルに水を入れ、それから土を一掴み。それを酢で湿らせ、スポンジとかコケとかも入れ、ピートモスも入れ、、、おいしいかな。
The park board ranger dressed up on of the participants as a chef, and demonstrated how the bog is made. The ingredients are water, soil, vinegar, sponge, moss, and peat moss. Very tasty, maybe.
b0200190_105058100.jpg



b0200190_10512317.jpg



参加者にはそれぞれ自分で描いた名札が付けられました。この名札の紙に小さなイラストが付いているのですが、湿地に生えている3種類の植物が描かれています。私のにはクラウドベリーという私の憧れのベリーが付いていました。嬉しいな、と思っていたら、「はい、クラウドベリーの人はこっちに集合してください」との声がかかりました。こうして無作為に分けられた参加者は、3箇所に別れて3つのテーマを順番に学びました。
Participants were given name tags randomly, and wrote their own name on the tag. My tag had a illustration of cloudberry. It is my dream berry, so I was happy. Then they called out, 'All the cloudberries, gather here'. There were two other designs of bog plants, and participants were divided into 3 groups in this way. Then we learnt 3 different themes in order.
b0200190_10515333.jpg



クラウドベリーはカナダの北部や北欧ではとても大切な食べ物です。一度食べてみたいベリーなのです。
Cloudberry is an important food source in northern Canada and Northern Europe. I'd love to have some one day.
b0200190_111342.jpg



最初は土壌です。湿地帯の土は5メートルにも及ぶピートモスでできています。ピートモスというのはコケの化石のようなもので、乾燥するとよく燃えます。飛び跳ねてみると、ふかふかしていることが分かります。グループの半数が飛び跳ねると、そばに立っている人たちには地面が揺れるのがはっきりと感じられるのです。なお、湿地帯はデリケートなので立ち入りは禁止されていて、比較的乾燥しているこの場所だけは立ち入りが許されています。
First, our group learnt about the soil. The bog soil is made of 5 metre deep peat moss. Peat moss is something like fossilized moss. It burns very well when dry. One can feel its bounciness when someone jumps nearby. The group was divided into two, and jumped alternately. It is not allowed to walk into the most delicate part of the bog. This part is quite dry, so we can walk there.
b0200190_1057299.jpg



ふかふかした地面には簡単に棒が突き刺さります。5メートルの棒があれば5メートル入るそうですが、今回は1メートルほどのを使いました。私もやってみたら、簡単に入るけど出すときには吸い付くような抵抗感があって、ちょっと力が要ります。冬の間は地面からおよそ30センチくらいの深さまで乾燥していて、今日は33センチだそうです。その下は水気が多くなっていますが、夏はこれが70センチくらいの深さまで乾燥します。最近では温暖化の影響で特に夏は乾燥が進んでいるそうです。
It is very easy to insert a stick into the bog soil. If there was a 5 metre long stick, it will go in 5 metres. We used a stick that is about 1 metre. It is easier to put it in that pull it out. There is some suction, and that makes it heavier. In winter, the soil is dry about 30 cm deep. Today, it was 33 cm. In summer, it is dry down to about 70 cm. These days, due to global warming, the soil is very dry in summer.
b0200190_10575587.jpg



b0200190_10582244.jpg



なお、湿地帯の地面は生き物の死体を死んだときの姿のままで保存するのだそうです。マンモスとか人間とかの完全に保存された死体の写真を見せていただきました。ここでも何か見つからないかと思ってボランティアの人たちは熱心に探しているのだそうですが、あいにくまだ何一つみつかっていないそうです。ここで見つかるのは、保存活動が行われる前にこの辺りで遊んでいた近所の子供たちが捨てたおもちゃとか、腐食して薄くなったコインとか、そんなのだけだそうです。
The soil in the bog preserve the dead body very well. We were shown the photos of preserved humans and animals. The volunteers are hoping to find something like that here, too, but they have not found any so far. The only things they found here are garbage, coins and toys and such which were left by the neighbourhood children years ago.
b0200190_1059127.jpg



次は動物です。レンジャーのお姉さんがいろんな資料を取り出して説明してくれます。通りがかった親子連れも飛び入り参加して、熱心に見ていました。
Then we learnt about animals. The ranger took out many objects and showed them to us. A father and son who walked by joined the workshop and watched with us.
b0200190_11195455.jpg



ここにいるのは割と小さな動物たちばかり。もぐらとか、小さなネズミとかです。でも、コヨーテ(野犬の一種)もいるし、コウモリとかフクロウとかもいます。これはネズミの一種。
The animals here are mostly small. Mole, mouse, and more mouse. But there is coyote, too. There are many birds, too.
b0200190_1103075.jpg



コウモリ。
Bat.
b0200190_11164231.jpg

コヨーテの頭蓋骨。
Coyote skull.
b0200190_1152553.jpg



コヨーテの足跡。
Coyote foot print.
b0200190_1155540.jpg



コヨーテのフン。あいにくというか、幸いというか、プラスチックでできたおもちゃなのでした。かなりリアルなのだそうです。
Coyote poo. It is a very well made plastic toy.
b0200190_1171778.jpg



コヨーテの毛皮は本物です。
The coyote fur is real.
b0200190_1175214.jpg



きつつきは頭蓋骨が重くてびっくりしました。やっぱりこうでなくては脳震盪を起こすのでしょうね。
The woodpecker's skull is very heavy. It has to be this way, I think, to protect its brain.
b0200190_1192225.jpg

ワシは電線に触れて死んだもの。なお、野生動物の死体あるいは死体の一部を個人が所有するのは違法なのだそうです。知らなかった。。。
The eagle parts are from the one who died by flying into the electric wire. We were told that it is illegal to keep the dead body, or the part of it, of wild animal without permit.
b0200190_11183548.jpg



これはフクロウの頭蓋骨。目玉の部分が大きいですね。人間の頭に換算すれば、グレープフルーツくらいの大きさなのだそうです。
The owl skull. The eye socket is huge. If it was the size of human head, the eyes are the size of grapefruit.
b0200190_11132634.jpg



b0200190_11211175.jpg



これはフクロウが吐き出した獲物の残り。
Leftover from the owl's dinner. They spit out this ball.
b0200190_11123670.jpg



フクロウの羽は動かしてもほとんど全く音がしません。とても滑らかで柔らかい肌触りです。
The owl wind is very quiet. It hardly makes any noise at all when moved. It felt so nice and soft.
b0200190_11141198.jpg



羽の裏側。
The back of the wing.
b0200190_11144164.jpg



これはワシが吐き出した残り物。
This is the eagle's pallet.
b0200190_11154812.jpg

次は植物。特に植生の種類が豊富な場所に移動します。
Then we learnt about plants. We moved to the spot where there are most variety of plants.
b0200190_1128318.jpg



こういう木は後から入ってきたものです。
Trees like these came in later.
b0200190_11293874.jpg



湿地帯に生えている10種類の植物のサンプルを特別に採取して、木のテーブルに並べます。
There are samples of 10 different kinds of plants on the wooden bench. It is usually not allowed to pick anything here. This time it is special.
b0200190_1123432.jpg



コケには雄と雌があるのだそうです。知らなかった。。。いや、そういえばはるか昔に学校でそんなことを聞いたかもしれないような記憶があるような、ないような。。。忘れっぽい身には、学び続けることは大事です。
So, there are male and females in moss. I may have heard that at school, but I had forgotten it completely. It is important to keep leaning to keep up with my forgetting.
b0200190_10555020.jpg



グループの人が一人一種類ずつサンプルを持って、それぞれの植物の特徴を身振りで表します。何と言っても今回のワークショップの目的は先生たちが環境教育をするときの助けにするということなので、こういうエクササイズが随所に見られました。私にあてがわれたのはラブラドール・ティーという木の葉っぱ。これはとても香りが良くて、ハーブティーとして使われます。まろやかでおいしいお茶です。
Each member of the group held a plant and did the imitation of that plant. Since this is the workshop for the teachers, they taught us lots of hints for learning exercise like this. I held Labrador Tea plant. It is very fragrant, and used as herbal tea. I like is mild taste.
b0200190_11241786.jpg



ラブラドールティーの茂み。
Labrador Tea bush.
b0200190_11251269.jpg



b0200190_11255962.jpg



一通り終わってからは、小学校の先生と中学校の先生に分かれて教え方のヒントを学びました。部外者の私はどうしたらいいのだろうと思いましたが、小学生のグループに混ぜてもらいました。これは植物の進化に合わせてサンプルを並べるというもの。恐竜のおもちゃを置く場所はどこが正しいでしょう。
I joined the elementary school teachers' group when they taught us learning hints. This one is an exercise to arrange the plants in the order of evolution. Now, where is the right place to put the dinasour?
b0200190_11311864.jpg



正解はこちら。
And here is the right answer.
b0200190_11315065.jpg



この湿地帯での授業はとても人気があるので、今では予約が必要になったほどです。今回のワークショップを見ただけでも、そうだろうなと思いました。生物学を学んでいる中学生が湿地帯について学び、自分たちで資料を作って小学生に教えるという授業もあるそうです。これは表紙だけですが、絵や図をたくさん使った、とてもよくできた資料がたくさんありました。
It is very popular to have an outdoor environmental class at this bog, and now it is necessary to make appointment for it. I understand it now after seeing this workshop. Sometimes secondary school students who are studying biology do research about the bog and teach elementary school children, too. This is the front page of the material made by such students.
b0200190_11325691.jpg



次に子供たちに自然を「個人的に自分にとって大切なもの」と感じさせるためのエクササイズが行われました。全員が内側を向いて詰めて立って円陣を作り、レンジャーのお姉さんがそれぞれの人に石ころを渡します。石を見ないで触るだけで、「これが自分の石」というのを覚えます。それから右隣の人に順繰りに渡していって、途中で落っことしたり滞ったりしながらも渡し続け、全員自分の石が手元に戻ってきたら初めてそれを眺めます。たったこれだけなのですが、「こんな姿をしていたのね」というささやかな愛情が芽生えるから不思議です。この作業は、自分のペット・ロック(石ころ、岩)として石を絵に描いたり詩に書いたり、あるいはストレス発散のために握り締めたりして、子供と自然が親密になるきっかけになるそうです。
Next we did an exercise for feeling nature as our personal treasure. Everyone stood in a tight circle looking inside. We held our hands on the back. The ranger then walked around, putting a stone each in our hand. We felt our own stone without seeing it. Then we passed it along to the person next to us, and kept doing so until we each got our stone back. It sounds simple, but sometimes we drop the stones, and sometimes there is a 'traffic jam'. Stones don't necessarily get passed around in the original order. When everyone finally got their original stone, we each looked at our beloved stone for the first time. Amazing how easily we can develop affection by such simple connection. Children can use their own stone as stress release stone, paint it, write poetry, etc. It is a great way to make connection with nature.
b0200190_11382759.jpg



これは湿地帯の一部をミニチュアの湿地に見立て、保護のためにはどうしたらいいかを学ぶというもの。正直言って、よく分かりませんでした。湿地にもともと生えていた植物と外来種との戦いを表すゲームもありました。
I didn't really understand this exercise, but I think one has to be a child to really appreciate it. We chose a spot on the ground and marked it with a string. Then we pretended that it is a very special spot with lots of environmentally sensitive features. We marked such features with pepsicle sticks. There was also a game that depicts the battle between the original bog plants and the invasive plants.
b0200190_11393210.jpg



[PR]
by ammolitering7 | 2013-01-24 13:08 | 「ユースマニュアル」


<< 2010年10月湿地帯での環境教育2 2012年8月 フォールスクリーク >>