2010年10月湿地帯での環境教育2

それから全員が集まり、レンジャーのお姉さんが屋外での授業の大切さや自然を尊重することの大切さを切々と語ってくださいました。土に触れることでストレスが減ることを述べた論文とか、お勧めの本などの紹介もあり、カリキュラムの作り方に関するアドバイスもありました。自然観察ノートを作ることの面白さも強調され、屋外で子供たちの関心を引き止めておくためのいろんなヒントも紹介されました。服装の注意もあり、至れりつくせりです。お姉さんのバックパックからはいろんな小道具が次から次に出てきて、これは準備が大変だっただろうなと思ったことでした。
Then everyone gathered and the ranger talked about the importance of spending time outdoors and respecting nature. She showed us lots of things like a copy of essay regarding the soothing effect of touching soil, and the recommended books for reading. She gave lots of advise on class planning and dressing for the weather and other essential issues. She emphacised the joy of keeping nature journal, too. Her backpack was full of little devices to help her lecture. It must have been a lot of work to prepare for the workshop this well.
ワークショップは早口かつ駆け足で行われましたが、それでも2時間の予定が2時間半に伸びました。ほんとはもっともっと時間をかけたかったのだろうなと思います。ワークショップの後は湿地帯のすぐ外でお茶とお菓子の茶話会がありました。
The workshop was done in a very fast pace, but it still took longer than they had anticipated. It was supposed to be 2 hours, but it took 2 and half hours, and they talked fast. After the workshop, we had a tea time just outside of the bog.
b0200190_11413883.jpg



b0200190_11415989.jpg



もちろんラブラドールティーもありました。最後は名札を回収して、それを使ってくじ引きが行われました。当たった人にはイラスト入りの自然観察ノートの作り方の本などが贈られました。
There was Labrador Tea, of course. At the end, they collected everyone's name tag, and did a draw. The prize was a map and a few books on journal keeping.
b0200190_11422627.jpg



すごく寒かったけど、とても楽しいワークショップでした。何の関係もないのに混ぜていただき、有難い限りです。夏になったらまた来よう、と思いました。冬はどうも寒くていけません。しかし、いくらなんでも手がしびれるほど凍えていたのは私だけだったのかもしれません。体の中に熱が足りないのでしょうか。正直なところ私はあんまりちゃんと食べないので、熱帯向き、あるいはそういう馬鹿を言わずにちゃんと栄養を摂ったほうがいいのでしょう。ベリーやキノコばかりを採集して食べていてはいけません。
It was very cold, but the workshop was very enjoyable. I was grateful that Susan invited me even though I'm not a teacher. I will come to this bog again, but maybe in summer.
b0200190_11433564.jpg



b0200190_114424.jpg

[PR]
by ammolitering7 | 2013-01-24 13:10 | 「ユースマニュアル」


<< 2008年4月ロブソン広場 2010年10月湿地帯での環境教育1 >>