注記表 (イラスト無し)

注記表(邦題はいずれも仮題)

1 ロバート・ソマー、「ソーシャル・デザイン」(ニュージャージー州エングルウッド・クリフス:プレンティスホール、1983年)111ページ
Robert Sommer, Social Design (Englewood Cliffs, New Jersey: Prentice Hall, 1983), 111.
2 ケネス・クラーク卿、「文明」(ロンドン:BBC、1969年)40ページ
Sir Kenneth Clark, Civilisation (London:British Broadcasting Corporation, 1969), 40.
3 フランク・アヴレイ・ウィルソン、「啓示としての芸術」(ニューヨーク:ユニバース・ブックス、1981年)235ページ
Frank Avray Wilson, Art as Revelation (New York: Universe Books, 1981), 235.
4 D.スピロ・コストフ編、「建築家」(ニューヨーク:オックスフォード大学出版、1977年)113ページ
D. Spiro Kostof, ed., The Architect (New York:Oxford University Press, 1977), 113.
5 ジョン・ラスキン、ジョーン・エヴァンズが選択・編集した「美の灯火」の中の「エジンバラ講義」(ロンドン:ファイドン出版、1959年)258ページ
John Ruskin, “Edinburgh Lectures”, in The Lamp of Beauty, selected and edited by Joan Evans (London: Phaidon Press, 1959), 258.
6 ウィリアム・モリス、「文明における建築の将来」(ロングマンズ・グリーン、ロンドン、1914年)22:119、120ページ
William Morris, The Prospects of Architecture in Civilization (Longmans Green, London, 1914), 22:119, 120.
7 アルヴィン・トフラー、「第三の波」(ニューヨーク:バンタム・ブックス、1981年)441ページ
Alvin Toffler, The Third Wave (New York: Bantam Books, 1981), 441.
8 コリン・ワードとアンソニー・フライソン、「ストリートワーク - 爆発する学校」(ロンドン:ラットレッジ&キーガン・ポール、1973年)26ページ
Colin Ward and Anthony Fryson, Streetwork – The Exploding School (London: Rutledge& Kegan Pall, 1973), 26.
9 リン・ニューマン・マクドウェル、「コミュニティーデザイン」1987年10月11日日曜日ザ・カルガリー・ヘラルド紙「サンデーマガジン」、20ページ
Lynn Neumann McDowell, “Community Design,” Calgary Herald, Sunday, 11 October 1987, Sunday Magazine, 20.
10 スタンレー・キングがバンクーバー公園レクレーション課の造園建築家キム・ムリンの言葉を引用。「学生たちがデザインするコミュニティー改善」(バンクーバー教育委員会、1978)77ページ
Stanley King quoting Kim Mullin, landscape architect for the Vancouver Board of Parks and Recreation, “Students Design Neighborhood Improvements” (Vancouver School Board, 1978), 77.
11 ボブ・シールズ、「ハイリバー・ワークショップが描く」1984年11月7日水曜日PE8ページ
Bob Shiels, “High River Workshop Draws,” Calgary Herald, Wednesday, 7 November 1984, sec. PE8
12 ポール・グッドマン、「新しい改革」(ニューヨーク:ランダムハウス、1970年)90ページ
Paul Goodman, New Reformation (New York:Random House, 1970), 90.
13 マクドウェル、「コミュニティーデザイン」22ページ
McDowell, “Community Design” 22.
14 同上、21ページ
Ibid., 21.
15 クリストファー・アレキサンダー他、「パタン・ランゲージ」(ニューヨーク:オックスフォード大学出版、1977年)
Christopher Alexander et al., A Pattern Language (New York: Oxford University Press, 1977)
16 フランク・ロイド・ライト、「有機的な建築:民主主義の建築」(マサチューセッツ州ケンブリッジ、MIT出版、1970年)5ページ
Frank Lloyd Wright, An Organic Architecture: The Architecture of Democracy (Cambridge, Massachusetts, MIT Press, 1970), 5.
17 シンクレア・ルイス、「メイン・ストリート」(ニューヨーク:P.F.コリエ&サンズ、1920年)425ページ
Sinclair Lewis, Main Street (New York: P. F. Collier & Son, 1920), 425.
18 ハッサン・ファシー、「居場所」マン・アライブ・シリーズ:カナダ放送協会フィルムストリップ
Hassan Fathy, Space to Be, Man Alive Series: Canadian Broadcasting Corporation filmstrip.
19 W.O.ミッチェル、「誰が風を見たか」(トロント:マクミラン、1976年)61ページ
W. O. Mitchell, Who Has Seen The Wind (Toronto: Macmillan, 1976), 61
20 ウィリアム・ワーズワース、「詩と散文」W.M.マーチャント選(ロンドン:ルパート・ハート=デイビス、1955年)534ページ
William Wordsworth, Poetry and Prose, selected by W. M. Merchant (London: Rupert Hart-Davis, 1955), 534.
21 ルース・レンデル、「偽る者あり、死ぬ者あり」(アローブックス、1974年)112ページ
Ruth Rendell, Some Lie and Some Die (Arrow Books, 1974), 112.
22 モーリス・ベセット、「ル・コルビュジエ :ル・コルビュジエ とは誰だったか」ロビン・デムボール訳(オハイオ州クリーブランド:ザ・ワールド・パブリッシング社、1968年)92ページ
Maurice Besset, “Le Corbusier: Who Was Le Corbusier,” trans. Robin Demball (Cleveland, Ohio: The World Publishing Co., 1968), 92.
23 クリストファー・アレキサンダー他「「パタン・ランゲージ」(ニューヨーク:オックスフォード大学出版、1977年)645ページ
Christopher Alexander et al., A Pattern Language (New York: Oxford University Press, 1977), 645.
24 ジョン・カウパー・ポウイス、「ウルフ・ソレント」(ペンギン・モダン・クラシックス、1961年)32ページ
John Cowper Powys, Wolf Solent (Penguin Modern Classics, 1961), 32.
25 ペルチョ・ポメス、「ガウディ」(ニューヨーク:チューダー)30ページ
Percho Pomes, Gaudi (New York: Tudor), 30.
26 ベセット、「 ル・コルビュジエ」95ページ
Besset, “ Le Corbusier,” 95.
27 ルドルフ・アルンハイム、「芸術と視覚的な知覚:創造的な目の心理学」33ページ
Rudolf Arnheim, Art & Visual Perception: A psychology of the creative eye, 33.
28 スタンレー・キング、「フォールスクリーク・イメージ調査」(バンクーバー:キング・グラフィックス社、1973年)17ページ
Stanley King, “False Creek Image Survey,” (Vancouver: King Graphics Ltd., 1973), 17.
29 Dr.ベティー・エドワーズ、「脳の右側で描け 」(ロサンゼルス:J.P.ターチャー社、1979年)38ページ
Dr. Betty Edwards, Drawing on the Right Hand Side of the Brain, (Los Angeles: J. P. Tarcher Inc., 1979), 38.
30 チン・ハオ、「筆の精神」坂西志保訳(東洋の英知シリーズ、1957年)
Ching Hao, The Spirit of the Brush, trans. Shio Sakanishi (Wisdom of the East Series, 1957).
31 ウィリアム・カービー・ロッカード、「建築への手法としての描画」(ニューヨーク:ヴァン・ノストランド・ラインホルド、1977年)。建築スケッチの手法に関する多数の書籍の一つ。
William Kirby Lockard, Drawing as a Means to Architecture (New York: Van Nostrand Reinhold, 1977). One of many texts available on architectural sketching techniques.
32 アーサー・L・グプティル、「ペンとインクで描く」スーザン・メイヤー編(ニューヨーク:ワトソン・グプティル出版、1976年)129ページ
Arthur L. Guptill, Rendering in Pen and Ink, ed. Susan Meyer (New York: Watson Guptill Publications, 1976), 129.
33 アルバータ州カルガリー市、ディーフェンベイカー高等学校の校長モイラ・ハガーティ氏からの手紙、1979年
Letter from Moira Hagerty, principal, John Diefenbaker Senior High School, Calgary, Alberta, 1979.
34 サンドラ・マーティン、『バービカンの主』、「エンプレス」(カナダ太平洋航空会社)1987年1月~2月号、22ページ
Sandra Martin, “Lord of Barbican,” Empress (Canadian Pacific Airlines Limited), January-February 1987, 22.
35 ピーター・バチェラーとデイビッド・ルイス編「活動する都市デザイン」(ノースカロライナ州ローリー:ノースカロライナ州立大学デザイン学部の学生出版、およびアメリカ建築家協会、1985年)29号、13ページ
Peter Batchelor and David Lewis, eds. Urban Design in Action (Raleigh N. C. Student Publication of the School of Design, North Carolina State University, and the American Institute of Architects, 1985), vol. 29, 13.
36 ニック・ウェイツ、『組合の強化』「建築概観」177号、1058番、1985年4月、60ページ
Nick Wates, “Co-op Consolidation,” The Architectural Review, vol, 177, no. 1058, April 1985, 60.
37 デイビッド・ストラウスとマイケル・ドイル、『ファシリテイターとしての建築家:新しい役割』「建築教育ジャーナル」31号、4番、1978年、15ページ
David Straus and Michael Doyle, “The Architect as Facilitator: A New Role,” Journal of Architectural Education, vol. 31, no. 4, 1978, 15.
38 ジョン・A・ニールソンとティモシー・G・キーホー、「コロンビアの住宅」RAICアップデート10号4番、1987年5月、5ページ
John A. Nielson and Timothy G. Kehoe, “Housing in Columbia,” The RAIC Update, vol. 10, no. 4, May 1987, 5.
39 ウェイツ、『組合の強化』58ページ
Wates, “Co-op Consolidation,” 58.
40 同上、60ページ
Ibid., 60.
41 バチェラーとルイス、「都市デザイン」12ページ
Batchelor and Lewis, Urban Design, 12.
42 ステファン・グラボウ、「クリストファー・アレキサンダー:建築における新しいパラダイムの探求」(ロンドン:オリエル出版、1983年)223ページ
Stephen Grabow, Christopher Alexander: The Search for a New Paradigm in Architecture (London: Oriel Press, 1983), 223.
43 ウェイツ、『組合の強化』60ページ
Wates, “Co-op Consolidation,” 60.
44 ピーター・ブチャナン、「コミュニティー」建築概観177号1058番、1985年、25ページ
Peter Buchanan, “Community,” The Architectural Review, vol. 177, no. 1058, April 1985, 25.
45 リチャード・ソング、『チャールズ・ムーアと彼の顧客たち:セント・マシューをデザインする』「チャールズ・ムーア:建物とプロジェクト1949年~1986年」、ユージーン・J・ジョンソン編(ニューヨーク:リッゾーリインターナショナル出版社、1986年)48ページ
Richard Song, “Charles Moore and His Clients: Designing St. Matthew's,” Charles Moore: Buildings and Projects 1949-1986, ed. Eugene J. Johnson (New York: Rizzoli International Publications Inc., 1986), 48.
46 ジム・バーンズ、『コミュニティー・コミュニケーションを理解する』「建築教育ジャーナル」31号、4番、1978年、7ページ
Jim Burns, “Understanding Community Communication,” Journal of Architectural Education, vol. 31, no. 4, 1978, 7.
47 ウェイツ、『組合の強化』60ページ
Wates, “Co-op Consolidation,” 60.
48 ジェローム・T・ダーラック『新しいコミュニティーのデザインにユーザー関与を図るための方法』「カナダの建築家」、1978年5月、49ページ
Jerome T. Durlak, “A Method of Involving Users in the Design of a New Community,” Canadian Architect, May 1978, 49.
49 ローレンス・ハルプリン、「RSVPサイクルズ」(ニューヨーク:ブラジリア、1970年)
Lawrence Halprin, RSVP Cycles (New York: Braziller, 1970).
50 ソング、「チャールズ・ムーア」、47~48ページ
Song, “Charles Moore,” 47-48.
51 バチェラーとルイス、「都市デザイン」、66ページ
Batchelor and Lewis, Urban Design, 66.
52 バリー・エヴァンズ、『コミュニティー・クロール:視点の参加』、「建築概観」177号、1058番、1985年4月、74ページ
Barrie Evans, “Community Kroll: Participation of Vision,” The Architectural Review, vol. 177, no. 1058, April 1985, 74.
53 リチャード・レイドとディーター・ハウザー、『民主的な建築に向けて』、「建築概観」177号、1060番、1985年6月、51~56ページ
Richard Reid and Dieter Hauser, “Towards a Democratic Architecture,” The Architectural Review, vol. 177, no. 1060, June 1985, 51-56.
54 ファシー、「居場所」
Fathey, Space to Be.
55 バチェラーとルイス、「都市デザイン」、89ページ
Batchelor and Lewis, Urban Design, 89.
56 アローストリート・アソシエーツ、『建築のもう一つの側面』、「進歩的な建築」、1976年12月、69ページ
Arrowstreet Associates, “Another Side of Architecture,” Progressive Architecture, December 1976, 69.
57 トニー・ギブソン、『案ずるより産むが易し』、「建築家ジャーナル」172号、31番、1980年7月30日、204~205ページ
Tony Gibson, “Sooner Done than Said”, Architect's Journal, vol. 172, no. 31, July 30, 1980, 204-205.
58 J・P・チャドウィック・フロイド、『市民参加のための手段としてのテレビ』、「都市デザイン・インターナショナル」3号、5番、1982年7月~8月、36ページ
J. P. Chadwick Floyd, “T.V. As a Tool for Citizen Involvement,” Urban Design International, Vol. 3, July-August 1982, 36.
59 カルガリーの南アルバータ州技術大学国際教育学科のマネージャー、ダグ・ホワイト氏からのメモ、1988年4月12日
Memo from Doug White, Manager, Department of International Education, Southern Alberta Institute of Technology, Calgary, 12 April 1988.
60 ポール・ラソー、「建築家とデザイナーのための視覚的な思考」(ニューヨーク:ヴァン・ノストランド・ラインホルド、1980年)
Paul Laseau, Graphic Thinking for Architects and Designers (New York: Van Nostrand Reinhold, 1980).
61 クリストファー・アレキサンダー他、「パタン・ランゲージ」(ニューヨーク:オックスフォード大学出版、1977年)
Christopher Alexander et al., A Pattern Language (New York: Oxford University Press, 1977).
[PR]
by ammolitering7 | 2013-06-22 08:30 | 「コ・デザインの手法」


<< ワークショップ記事 付録D (イラスト込み) >>