描画ワークショップ

今日はコ・デザインの描画ワークショップが行われたので、誘われてもいないのにいそいそと行ってきました。本来の対象者はもちろん描画を担当するスタッフの人たちですが、屋外で行われるカジュアルな自由参加のワークショップだと小耳に挟んだのです。場所は遊歩道をたくさんの人が行き来する上に一風変わった新しい建物の多いオリンピックビレッジです。これはバンクーバーオリンピックが行われたときに選手村として建てられたところなのです。
a0172884_12314734.jpg



公園には線路が残されています。このあたりも昔は軍需で栄えた工場地帯で、港から物資を運ぶための鉄道も敷かれていました。戦後はすっかり廃れてしまい、工場からの汚染だけ残って長いこと荒地になっていました。70年代の終わりくらいからグランビルアイランドに近いほうは再開発されてすっかり素敵な住宅地になり、都市計画の世界では奇跡の成功例とさえ言われたほどですが、そこから遠いこっちのほうはすっかり取り残されていていたのです。万博が行われたときにもやっぱり取り残されました。私は個人的にはこういう何てこともない空き地が都会の近くに広がっているのもいいものだと思っていたのですが、人口過密で空いた土地がなくなる一方のバンクーバーではこんな貴重な土地を遊ばせておくわけにはいかなかったのでしょう。
a0172884_12405440.jpg



へんな筒もあります。
a0172884_12505374.jpg



入ってみましょう。
a0172884_12515872.jpg



うーむ、下の沼が見えますね。
a0172884_12522681.jpg



もちろん公園の沼ですが、雑草が伸び放題といいますか、自然豊かといいますか、近年の主流となっている自然派の造園方式で作られています。もともとその土地に自然に生えている植物だけを使い、手を加えなくても天候が荒れても、農薬や肥料を使わなくても、ひとりでに茂るように工夫されているのです。自然の空き地に近いような外見になりますが、寛ぐにはこんな感じの公園のほうがいいようです。
a0172884_1253157.jpg



これは一体なんでしょうか。高速そうめん流しができそうですね。
a0172884_12573262.jpg



複雑な遊具もあるし、、、
a0172884_12583839.jpg



広場もあります。
a0172884_1259441.jpg



この変な彫刻は、たぶんオリンピックを象徴しているのだと思います。いろんな色の人たちが集まって人間ピラミッドになっています。
a0172884_12594224.jpg



選手たちが滞在していたマンション群。オリンピックが開かれるたびに世界中でこんなマンション街が作られるのでしょうか。
a0172884_1311557.jpg



道の名前は「選手通り」だそうです。
a0172884_1331745.jpg



海辺の、、、ベンチなのでしょうか。
a0172884_1342473.jpg



赤いパラソルの下で冷たいビールでも飲んでいるらしい人々。
a0172884_135178.jpg



巨大化したスズメと、赤い建物は昔は砂糖倉庫だったところを改造したビール醸造所。
a0172884_135488.jpg



入り江に船がたくさん停まっています。ボートの停泊所は何箇所もあるのですが、その許容量よりもボートの数のほうが圧倒的に多いので、あぶれる船が出てきます。そういう船は2週間までは一箇所に停めておくことができますが、2週間経ったら移動させなくてはなりません。でも、ちょっとくらい移動したからと言っても入り江にあることは変わりません。バンクーバーは家賃が高いので船に住んでいる人もいます。そういう人たちは正式な停泊所が提供するサービスを利用することもできないし、ということはつまり、排泄物などの処理に困ることになります。もちろん、それなりに処理の方法はあるのだと思いますが、夜の闇にまぎれて海に捨ててしまえばそれが一番簡単です。入り江の大腸菌汚染が異様にひどいのは、夏になるとこういう人たちが一挙に増えてくるためだそうです。
a0172884_1372642.jpg



子供科学館。
a0172884_1314931.jpg



辛い目に遭っている人々。ドラゴンボートの漕ぎ手とも言いますが、絶え間なく怒鳴られているし、やっぱり奴隷労働にしか見えません。ああ、逃がしてあげたい、と思います。好き好んでやっているとはどうしても信じられないのです。彼らの前世は絶対にローマ帝国の軍艦を船底で漕がされていた敗戦国の奴隷だったに違いありません。
a0172884_13152643.jpg



[PR]
by ammolitering7 | 2015-08-03 01:59


<< 描画ワークショップ 2 久しぶりのワークショップ 2 >>