カテゴリ:フォールスクリーク( 13 )

グランビルアイランドツアー3

一人で静かに時間を過ごせる場所、というリクエストも多く、そのための工夫もたくさんなされています。これは水際に作られた小山ですが、自転車で来て読書をしている人がいました。ベンチは随所に設けられています。一人でギターを弾いている人もいます。しかし、小山のてっぺんのカナダの旗。。。これが日本だったら日の丸がパタパタとたなびいているのですね。なお、水の上では音が遠くまで響くので、この特性を利用して水上音楽会をしたいというアイディアがあるそうです。
Many people requested a place where one can spend some quite time in solitude. In response to that, there are many arrangements to make it possible. This is a little hill by the water. There was a man who came with a bicycle and was reading. There are many benches on Granville Island. It is a little strange to see the flag on top of the hill for me, probably because I can't help but imagine this same situation in Japan where the national flag of Japan is on top of a little hill. That's so patriotic it spooks me. Not that I dislike my country or don't respect it, but I think that people in newer nations have different kind of attachment to their national flags.
c0110677_2134443.jpg


現在改装工事中ですが、これはカナダで初めての屋外レストランです。3階建ての建物にコの字型に囲まれた中庭みたいなところです。ここのすぐ左側の建物の一階部分は、普通の屋内レストランになっています。でも、その上の部分とか、他の建物とかは何だか用途がよく分からない様相をしていました。グランビル・アイランドにはホテルや居住地はないはずですが、簡単なアパートみたいに見えます。「これは何ですか?」とスタンレーさんに聞いてみたら、「さあ。。。」という正直な答えが返ってきました。しまった、ご存知ないことを聞いてしまった、と思いました。スタンレーさんは参加者からの質問にも答えながら解説をなさいました。幾つもの質問に詳しく答えられる専門家ですが、それでも知らないことがあったのかと思うと面白かったです。参加者の中には都市計画についてかなり詳しい方も何人かいらっしゃいました。活発な質疑応答が彼らも含めて行われていました。
It's under construction right now, but this place is the first open-air restaurant in Canada. It looks like a courtyard surrounded by 3 story buildings in on 3 directions. Part of the building is a regular restaurant. But the rest of the buildings look like motel or some simple apartments. I didn't think that there were people living on the Island or there was a hotel, so I asked Stanley what they were. He gave me a honest answer of 'I don't know.' He was answering many questions from the participants throughout the tour. It was interesting to know that even Stanley didn't know everything! Some of the participants were cognizant of city planning. Lively discussions of questions and answers were exchanged between them, Stanley and other participants.
c0110677_2191896.jpg


c0110677_229165.jpg


これは遊覧船。一回乗りたいと思いつつ、一度も乗ったことがありません。これは個人の企業家が始めたビジネスだそうです。グランビル・アイランドそのものはもともと市の土地だったので、開発は税金でまかなわれました。現在では観光の中心地として利益もあるので、維持は多少の補助金の他は主にアイランドで操業する私企業によってカバーされているそうです。
Small boats for sightseeing. I have been wanting to have a ride on one of them, but it hasn't happened yet. This was started by the private entrepreneur. The Island itself was a city owned land, so the development was done using tax money. But now the Island is operating mostly on its own with only small public funding.
c0110677_231386.jpg


ここは水上住宅が密集している船着場(?)です。両腕を広げれば両隣の家に当たるほどギチギチです。こんなところに住むってどんな感じでしょう。家の中の花瓶なんか、全部固定されているのでしょうか。
Many boathouses are clustered together so tight. I wonder how it feels to live in one of these houses. I wonder if everything in the house such as verse are fixed on.
c0110677_2364312.jpg


水上住宅地の入り口。
The gate to the boathouse village.
c0110677_2392336.jpg


グランビル・アイランドには工業地帯だった歴史を語るために随所にその名残が残されています。これはクレーンです。右下にちょこっと写っている丸くて赤いのは、鉄の塊です。建物とかを打ち壊すのに使っていたのだそうです。あいにく、というか、当然、と言うか、クレーンに登るためのはしごは取り外されています。ちょっと残念です。
There are many industrial bits left in the Island as memoir. This is a big crane. The red round thing you can see on the down right corner is a huge metal ball used to demolish buildings. Unfortunately, or, of course, the ladder to climb up the crane has been removed. Too bad!
c0110677_240325.jpg


エミリー・カーという名前の美術大学です。エミリー・カーはカナダの有名な画家ですが、どうも私はよく知らないというか、良さが分からないというか。。。カナダ人は自然の絵が好きです。かつてエミリー・カーを含む7人の有名な画家のグループがいて、「7人組」(グループ・オブ・セブン)として知られていましたが、カナダの自然を描いた彼らの作品は根強い人気があります。なお、この大学は人気があって学生も増えたので、どこかもっと広いところに移転するそうです。でも、グランビル・アイランドからアート系の若者たちの姿が消えてしまうことを惜しむ声があるそうです。
An Art University called 'Emily Carr School of Art'. Emily Carr is a famous Canadian artist, but I don't really know her works. There are other famous Canadian artists called 'Group of Seven', but again I don't know them very well. Canadian people like their nature paintings very much. This school is very popular, and the number of students increased a lot. The place became too small to accommodate them all, so they decided to move some place else in the near future. Many people will miss the presence of young artistic people on the Island, though.
c0110677_2432692.jpg


これは現在でも操業を続けているコンクリート工場。グランビル・アイランドを全面的に作り変えたときに、ついでに移転させなかったのは面白いなと思います。でも、これがこうして現役で残っていることはグランビル・アイランドに明らかな多様性を与えているし、個人的にはいいなと思います。
This is a concrete factory which is still operating. I think that it is quite interesting that they didn't force the factory to relocate when they rebuilt the Island into the public gathering place. I personally think that their presence adds great variety to the Island. I like the dynamics it creates.
c0110677_2484674.jpg


工場の前にある機械仕掛けの、、、何だか知らないけど鉄のボールがあちこち移動しながら、からくりを動かしたり、音を立てたりしながら落ちていくというもの。催眠術にかかったように長時間見つめている人もいます。
Some kind of art in front of the concrete factory. Some people spend a very long time in front of it looking mesmerized.
c0110677_2523011.jpg


c0110677_2552546.jpg


工場の脇には二酸化炭素の入ったボンベがありました。ちょいと柵を乗り越えればすぐに届くところです。こんなとこに置いといていいのかな、と思うけど、別にいいのでしょうね、カナダはいい加減ですから。
These tanks are place within the very easy reach of public, even children. I'm rather surprised to see them there. How easy-going Canadians are!
c0110677_256750.jpg


トーテムポールを作る作業場。
Totem pole workshop.
c0110677_2581144.jpg


ラテン系の音楽を演奏してCDを売る人。どういうわけか、どこに行ってもこういうラテン系の音楽家がいるのです。耳障りと言っては申し訳ありませんが、ああ、またいるな、と思ってしまいます。アンデスの山奥で遠くから聞こえてくるなら哀愁もあっていいと思いますが、マイクを通した音量を都会の真ん中で聞くのは多少辛いものです。
For some mysterious reason, these Andes musicians are everywhere in Vancouver. I like their music, but I would appreciate it more if I listen to it on top of Andes Mountains, not in the city through microphones. They can be quite annoying.
c0110677_259161.jpg
[PR]
by ammolitering7 | 2013-01-22 15:33 | フォールスクリーク

グランビルアイランドツアー2

アイランドのちょっと手前の公園。周辺一帯は一年中緑の絶えない素敵な庭園が広がっています。
There is a nice little fountain in a park in front of Granville Island. The area surrounding the Island are always well kept, with greenery throughout the year.
c0110677_15505161.jpg


入り口です。グランビル・アイランドはもともと海が狭くなった入り江(?)に造られているので、橋を架けるにも最適なところです。したがって、、、そう、大きな橋の下にあるのです。
This is the entrance to the Island. Granville Island is located at the place where the creek is narrow, which is also ideal for making a bridge. As a result, the Island is just beneath a big bridge.
c0110677_1616448.jpg


犬と共に走る人がいたり、乳母車を押してる人がいたり。車椅子も多いです。水辺なのでボートがたくさんあります。
There are people running with their dogs, pushing a stroller, riding a wheelchair... lots of pedestrian traffic here. There are also lots of boats.
c0110677_16174966.jpg


子供のためのマーケット。おもちゃ屋さん、子供服屋さん、子供のための遊技場などがあります。
Kids market. There are toy stores, children's clothing stores and playground in it.
c0110677_16182645.jpg


これはビール工場。おいしいのだそうです。私はアルコール抜きのビールなら好きです。ドイツ製の真っ黒いのもあって、これが甘くておいしいのです。ここでも造ってくれないかな。
Brewery which makes beer. I hear they are very good. I like non alcoholic beer. I particularly like the very dark one from Germany. It would be very nice if these people make it.
c0110677_16194121.jpg


これはシアター。映画館ではなくて劇場です。グランビル・アイランドはバンクーバーのアートの中心地ともいうべき場所です。この他にも、美術大学、画材屋さん、いろんなアーティストや工芸家のスタジオやお店がたくさんあります。
A theatre. It's not a movie theatre, though. Granville Island is the art central in Vancouver. There are Art University, art supply store, artist studios and craft stores here.
c0110677_16215945.jpg


公民館です。週末でも活発な活動をしています。
A community centre. Very lively even on the weekend.
c0110677_1624525.jpg


カナダ・グース。アヒルですね。繁殖力が強くて非常に気性が荒い鳥です。しかも糞がすごいのです。カナダ政府はその昔、何を思ったかこれをイギリスに寄付しました。カナダがイギリスで嫌われているのはそのためです、というのは冗談ですが、今でも「何でこんなものを」という声があるそうです。でも黄色い雛はかわいいです。この鳥は渡り鳥なので、寒さが近づくと編隊を組み、哀愁のある声で鳴きながら去っていきます。カナダの風物詩なのです。
These are Canada geese, which multiple fast and are aggressive. And they drop a lot of poop. Canadian government gave these birds to the British as a gift for some strange reason. Maybe they wanted to get rid of some. Now not many British thank Canadians for the gift, I heard. But the yellow chicks are cute. These birds migrate. When autumn nears, they gather together and form V shape, and fly away, making sad sound.
c0110677_16262544.jpg


さて、何匹が生き延びるでしょう。ずっと前、近所の池に鴨の夫婦がいました。雛が7羽くらいいたのですが、一羽減り、二羽減り、、、でも最後に二羽くらいは大人になりました.
Let's see how many of these chicks become adults. Long time ago, I saw a family of ducks in the pond nearby. There were about 7 chicks. Then one went missing, two more went missing... a few became adults, though, at the end.
c0110677_16313723.jpg


さあ出発です。スタンレーさんに続いて歩きます。車椅子で島中を回れます。グランビル・アイランドは70年代に作られたのですが、その頃既に障害者団体の参加があり、車椅子での利便を考えたデザインがなされました。その当時のリクエストの中には、車椅子でキャンプができるような設備が欲しいというのもあったそうです。
Now we start. We follow Stanley. It is possible to go round the Island on a wheelchair. Granville Island as it is now were made in 70s. Back then already a handicapped people's association was involved in the designing, resulting in the handicapped-friendly facilities. One of the requests was to have a camping ground for the wheelchair users.
c0110677_16341153.jpg


テニスコート。これはリクエストの多かった施設だそうです。
Tennis court was in a big demand.
c0110677_16351484.jpg


水辺なのでカヌーやカヤックのクラブなどもあります。これはカヌー乗り場へ降りていく道。途中までは車椅子で行けます。向こう岸には低い家並みが続いていますが、これが全部工場跡地だったのです。木など見事に一本もなかったそうです。
There are canoe and kayak clubs. This is a path going down to the water for canoeing. It is wheelchair accessible part way, and there was someone on a scooter enjoying the view. On the other side of the water, there are low rising houses. All these areas used to be the industrial waste land. There were no trees.
c0110677_16402366.jpg


カナダの町にはどこに行ってもこんな変な旗がヒラヒラしています。目障りで個人的には嫌いなのですが、メッセージ性があって好まれるようです。これはグランビル・アイランドができて30年経つことを記念するものです。
Where ever I go in Canada I have to see these banners. I don't like them personally, but they are popular nonetheless, probably because they can communicate messages and add colour to the town. I don't like seeing much words in the scenery. And I find the colours added by these banners quite hollow.
c0110677_16424775.jpg


広い木道。これが島の半分くらいを取り囲んでいます。
Wide wooden path surround about half or the Island.
c0110677_16462446.jpg


グランビルアイランド地域にはあちこちに庭園がありますが、その土はオーガニックなのだそうです。これはその土置き場の看板。
There are many gardens in the Granville Island area. The soil used there are organic.
c0110677_1648499.jpg


これは人工的に造った丘。階段状になっている場所は、ときどき野外劇場の舞台として利用されたりするそうです。観客は建物の中から鑑賞します。場所が逆になることもあるそうです。
Even these hills are man-made. The step-like stages/benches are sometimes used for theatre performances. The audience can be inside the building, and other times it can be reversed and they can view the play performed inside from the benches.
c0110677_16495212.jpg


カヤックをしている人がいました。やってみたい気もするけど、怖いような気もします。夢ではいつも水が関わっているのですが、実際に水に入ることはほとんどないのです。なお、背後の家並みは南です。日当たりを考え、水辺に影が落ちないように家の高さを制限してあります。
There was someone kayaking. I want to try it, but I'm a bit scared, too. And the water here is way too cold. I often dream of water, but rarely go into one in reality. The height of the houses are restricted so that they don't cast shadow on the waterfront.
c0110677_16523186.jpg


入り江の北側には逆に高層ビルが並んでいます。バンクーバーの象徴とも言うべきガラス張りのアパート群です。
The opposite side of the creek, the north side, has lots of high-rise buildings. So much glass surface on these buildings. I don't know if I like living in it. I have never been inside one.
c0110677_16553415.jpg
[PR]
by ammolitering7 | 2013-01-22 15:30 | フォールスクリーク

グランビルアイランドツアー

今日は友人の建築家スタンレー・キングさんが率いるウォーキング・ツアーに参加しました。場所はグランビル・アイランドという都市計画の世界では非常に有名なところです。ニューヨーク市に基盤を置く「公共空間プロジェクト」という評価システムで、北米で最も優れた公共スペースとして認定されたという実績がある場所なのです。かつてもこのブログで写真をたくさん紹介しましたが、今日はこのグランビル・アイランドの設立に直接関わった専門家であるスタンレーさんの詳しい解説を聞きながら歩いたので、改めてここに紹介しようと思います。
I joined the walking tour led by my friend Mr. Stanley King who is an architect. The tour was held at Granville Island, a very famous little island in Vancouver. It is one of the most popular sightseeing spots in the city, but it is even more famous in the world of city planning in North America and also worldwide. It was chosen as the best public gathering place in North America by the Public Space Project in New York. I have in the past already shown many photos of this place on this blog site. This time I took more photos, so here they are, with detailed explanations by Stanley. I took notes as I walked and listened. I hope I understood his talk correctly.

グランビルアイランドは、今でこそ観光客や地元の人々で賑わう素敵な場所ですが、もともとはどうしようもなく荒れ果てていたのでした。少し歴史の話をしましょう。バンクーバーという街は、19世紀初めまではグランビルと呼ばれる小さな村があったに過ぎませんでした。バンクーバーという名前ではなかったのです。グランビル村に住んでいたのは少数の開拓者たちで、彼らは主に材木のために木を切って暮らしていました。また、原住民たちもいて、入り江に巨大な土手というか堰(せき)というか、そんなのを造って、それに網を張って魚を捕ったりしていました。
Now Granville Island is a very charming place where tourists and locals visit throughout the year. But it used to be such a wasted land. Let's talk about the history a little. The city now called Vancouver used be merely a village called Granville until early 19th century. It wasn't even Vancouver. Small number of settlers lived in this Granville village. They were cutting trees for lumber for living. There were also natives who were living by fishing. They had made a huge dam(?) for fishing. Stanley was explaining this, but I can't imagine it well. This fishing dam had a net on it. When the tide came in, fish also came in. When the tide went out, fish also tried to go out, but they were caught by the net. Poor souls... My grandfather used catch a little fish from time to time by a towel in a stream right in front of the house. The family didn't live on his harvest, fortunately. It was just for fun for him, but I suppose we were eating them, too. The little stream became polluted later. No more fish, no more fishing. Today the stream is not even there. It is underground.

ほんとに静かな海辺の村だったのに、カナダ横断鉄道の開通、ゴールドラッシュ、それにパナマ運河の開通などの要素が組み合わさって、村は急速に都会へと膨らみました。それに伴って町の名前もバンクーバーと変更されました。バンクーバーのすぐ近くにはバンクーバー島と呼ばれる島があって、そこにはもっと前から開拓者がいて知名度も高かったので、それにあやかった名前にしたのだそうです。
Such a quiet little village it was, but things changed and it became a big city rapidly. There was a new railroad which runs across the country. And there was a gold rush, and Panama Canal opened. All these things contributed to the sudden growth. Then someone decided to change the name of this new city to Vancouver, because there is Vancouver Island nearby, which is already much better known in the rest of Canada. They wanted to associate their city to this well-known place. They didn't care about confusing me much later.

さて、こうして人口が増えてきましたが、もちろんそれは移民ばかりです。土手で魚を捕っていた原住民たちは追い出されてしまいました。その頃には土手は国有地となっていましたが、膨張したバンクーバー市はこれを買い取り、埋め立てをして工業用地のための人工島を作りました。これがグランビル・アイランドなのです。ここにはたくさんの工場が建てられ、第二次世界大戦中などは工業用品の需要が高まったので、フル稼働していました。カナダで最も重要な工業地帯の一つだったのです。
Now the place was much more populated, but they were all immigrants. The native people who were fishing at the dam were forced to relocate. The dam had become national land then. City of Vancouver bought this up from the federal government, and filled it soil and then covered it with concrete. They made an artificial island which is now called Granville Island. The island was used as an industrial area. There were many factories operating there. It was one of the most important industrial area in Canada during the Second World War.

ところが、戦争が終わると途端に仕事が減り、ほとんどの工場が閉鎖を余儀なくされました。その結果、70年代になる頃にはグランビル・アイランド一帯は見るも無残な工場の廃墟となりました。廃水などによる汚染もひどかったし、産業廃棄物や廃車の捨て場にもなっていました。ほんとにどうしようもない広大な荒地だったのです。後十年もすればスラムになるだろう、と考えられていたのだそうです。
However, when the war was over, the demand for the industrial products dropped dramatically. Most of the factories were closed. As a result, by 70s, the place was a huge industrial waste land and the graveyard for the cars. People used to think that the area would become a slam in 10 years future.

これを何とかせねば、という意見が盛り上がり、スタンレーさんを含む都市計画者が広く市民の意見を求めました。そして非常に先見の明のあったロン・バスフォードという政治家の指揮の下で現在のグランビル・アイランドが実現したのでした。住みやすさにおいても世界有数と評価されるグランビル・アイランドおよび周辺地域(フォールス・クリーク)は、都市計画の成功例として北米のスタンダードとなっています。
It was such an eye sore, so people started to discuss what to do with this place. City planners including Stanley asked opinions from many number of citizens including children. Under the lead by a very foresighted politician, the new Granville Island was created. Granville Island and its surrounding area, the former waste lands, are now considered to be one of the best places to live in the world. It is a splendid success story that set a standard in the world of city planning.

今日のウォーキングツアーは、ジェーン・ジェイコブという女性の功績を記念して北米全土で一年に一度、二日がかりで行われているたくさんのツアーの一つです。彼女はニューヨークに住むジャーナリストでした。都市計画に関しては全くの門外漢でしたが、急速な近代化が進んでいた50年代から住む人の快適さを主眼においた開発の必要性を説いて地道な活動を続けました。
This walking tour was one of the many tours held worldwide in two days in North America and some other parts of the world called Jane Jacob's Walk. Jane Jacob was a journalist in New York. She was not a city planner. But she insisted on the importance of the development that has emphasis on the comfort of the residents from 1950's. That was the time that cities were modernizing rapidly.

彼女は後にカナダのトロント市に移り住み、トロントを拠点として活動を続けました。数年前にお亡くなりになりましたが、私生活では極めてプライベートな方だったので、大勢が集まる偲ぶ会などの開催もありませんでした。その代わり、彼女の熱意を引き継ぐ人たちが命日の頃に何人かの市民と町を歩いて見て回るツアーを始め、それがやがてカナダ中に広がり、アメリカにも広がり、世界の他の7つの町でも行われています。現在は世界中で370のツアーがあるそうです。たった一人の人の力が、それも素人の力が、これほどの影響力を持ち得るのですね。
She later moved to Toronto in Canada, and kept being an activist based on Toronto. She passed away several years ago, but since she was a very private person despite her being very active socially. She didn't want a big memorial in which lots of people gather. Instead, people who strongly agree with her started to have a walking tour in her memory. This is because Jane believed that the city can only be truly understood by actually walking in it. This tour eventually spread through out Canada, then United States, and then to the other parts of the world.
c0110677_15332465.jpg


今日の参加者は、ツアーを指揮するスタンレーさん、ツアーを組織するグループのボランティアの女性一人、その他の参加者16名でした。うち、男性は4人。年齢層は大学生くらいから70代後半と思しき方まで様々でした。
Participants were 16 in total, plus a young woman who was a volunteer organizer, and Stanley as a guide. Only 4 out of 16 participants were male. The age varied from people who look about early 20s to late 70s.
c0110677_15361533.jpg


スタンレーさんはイギリス人。85歳とは思えぬ若々しさです。スタンレーさんが得意とするのは、子供を含む大勢の市民から新しい開発地への思いや理想を引き出し、それを誰もが視覚的に理解できる絵に表すことです。時間をとって人々とのコミュニケーションをとることで住民に誇りや責任感が生まれます。また、スタンレーさんは押し付けの都市計画で住民との対立が生じたときに調停役として引っ張り出されることも多い方です。この写真はたまたまちょっと苦い表情になってますね。あいにく、お顔の写真は一枚しか撮らなかったのです。でも、素敵な笑顔を見せながらのツアーでした。
Stanley is originally from Britain. He has such bright, lively eyes for someone in his mid 80s. He is very good at pulling out the ideal images about the placed to be developed from citizens including children. Stanley and his crew make the images into drawings which can be viewed and shared by many people. By taking time to communicate with the residents, they can plant the seed of sense of belonging in the heart of the people, thus creating a proud, responsible residents. He is sometimes asked to work like a mediator when there is protest against the forced planning. In this photo he happens to look grim. But he led the tour by showing us many charming smiles.
c0110677_15384912.jpg
[PR]
by ammolitering7 | 2013-01-22 15:26 | フォールスクリーク