<   2017年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

このブログサイトの説明

このブログサイトでは、イギリス出身でカナダで活躍する建築家スタンレー・キングさんの業績を紹介します。スタンレーさんは、子供も含めた市民の声を丁寧に聞いて視覚化し、それを町づくりに役立てるための手法を開発しました。コ・デザイン(一緒にデザインする)と呼ばれるその手法は、カナダを初めとする北米各地およびイギリスなどの英語圏で多数の実績があり、効果が実証されています。有名な例としては、カナダのバンクーバーにあるフォールスクリーク(グランビルアイランドを含む)やロブソン広場などがあります。

スタンレーさんが普通の建築家として活動していた頃、自宅近くの工事現場で息子さんたちの秘密基地があった遊び場が開発されることになり、ブルドーザーが入って取り壊しが始まりました。それを見て衝撃を受けた息子さんは、お父さんのところに駆け込んで悲痛な訴えをしました。そのときの遊び場はそのまま更地になってしまいましたが、その出来事はスタンレーさんの心に大きな疑問を投げかけました。子供たちにとっては大事な大事な場所だったのに、それがいきなりやってきた「あの人たち」によって壊されてしまう。同じことは大人たちにとってもやはりショックなもので、開発に対する抗議運動などはそれを如実に表すものです。

教育者でもあるスタンレーさんが試行錯誤の中から開発したコ・デザインの手法は、「コ・デザイン - デザイン参加の手法」という著作にまとめられました。私は今この本を翻訳しているところですが、門外漢ですのでよく分からないところも多いため、いずれ専門知識のある方からのご指導を仰ぎたいと思っています。著作権はスタンレーさんにありますが、こちらで日本語で公開する許可を頂いています。転載などご希望の方はその旨事前にご連絡ください。写真やイラストなども含めた英語の原文をご希望の方はお問い合わせください。お約束はできませんが、可能であればお送りします。

若者にサステイナブルな生き方を教えながらコ・デザインの手法を伝えるための努力もなされています。そのためのマニュアルである「ユース・マニュアル」も掲載しているので、あわせてご覧ください。Youth Manual in English 英語のサイトはこちらです。最新版をダウンロードすることができます。ブログ形式なので見づらくて申し訳ありません。右側のカテゴリーから記事に入れます。私が参加したワークショップの様子や、フォールスクリークその他の開発例の写真もあります。(日記ブログからの転載です。)ご感想やご質問などあればお寄せください。スタンレーさんへのご質問も受け付けます。
.........................................................................................
ずいぶん久しぶりに更新しています。少数ながら熱心に見てくださっている方がいらっしゃるようで嬉しく思います。スタンレーさんは90歳近い高齢ながらお元気でいらっしゃり、日本文化にも変わらず強い関心と敬意を持っていらっしゃいます。日本でコ・デザインに関心を持ってくださる方がいることを大変喜んでくださっています。スタンレーさんへのメッセージやご質問などあれば、コメントをお寄せください。私の日記サイトにコメントしてくださったほうが連絡はつきやすいと思います。
[PR]
by ammolitering7 | 2017-12-31 12:05